ペット保険について知ろう

ペット保険なら「ペット保険について知ろう」へ!

ペット保険について知る

大切な家族の一員であるペットが、病気や怪我をしてしまった場合、多額な医療費が必要になってきます。その時の医療負担を軽減するために、ペット保険に加入をしておくという方法があります。ペットを飼っているけれど、ペット保険のことについて知らないという方へ、ペット保険の選び方やペット保険のメリット・デメリットなどについてお伝えしていきましょう。
まずはペット保険の歴史からですが、ペット保険の発祥はイギリスで、今から30年以上も前から販売されていたようです。イギリスでは、今では銀行やコンビニエンスストアなどでもペット保険を取り扱っていて、多くの方がペット保険について知っており、加入をしている方はペットを飼っている人口の13パーセントから15パーセントほどにものぼると言われています。イギリスから始まったと言われているペット保険は、それ以降世界に広まって日本でも普及されるようになりました。

日本で利用されているペット保険ですが、ペット保険に加入する魅力には、ペットにかかる医療費が軽減されるという点にあるでしょう。私たち人間と同じように医療費負担が軽減されると、犬や猫などのペットたちの健康管理をしっかりと行うことができますし、医療費が高いから、病院で診療してもらうのをどうしようかと悩まずにすむのではないでしょうか。
実際に、ペットを病院でみてもらうとどのくらいの医療費がかかるのかについてもお伝えしておきましょう。ペットの平均的な初診料や予防接種代金は、初診料として1,200円程度、伝染病予防注射のワクチンが1種で4,000円弱、2種以上で8,200円くらいとなっています。

病院で診てもらうためには、必ず初診料がかかりますし、予防注射もほとんどの方が受けられるのでこのように値段で表してみると、結構かかってくるなと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また、ペット保険は怪我や病気などの治療費以外にも、特約をつけることによってそれ以外の補償をしてもらうことも可能です。特約には、ペットが人に怪我をさせてしまったり、物を破損させてしまったりした場合に、実際にかかった損害金額の補償をしてもらえるというものがあります。ペットが亡くなったときの、火葬費用の支払をしてもらえるという特約もあるので、ペット保険を選ぶときには特約の内容も比較してみると良いかもしれませんね。

ペット保険の加入方法についてもお伝えしておきましょう。ペット保険に加入する方法は、保険会社のホームページからオンラインで申込を行うか、保険会社に資料請求をして申込書に記入後、郵送をする方法があります。オンライン申し込みであれば、クレジットカード決済ができる保険会社がほとんどなので、保険料をわざわざ振込にいく必要がないのが魅力的でしょう。
申込書を郵送してペット保険に加入する場合には、必要書類が各保険会社によって違ってきますが、一般的には申込書と告知書を送っての加入となります。ペットが高齢の場合には、健康診断書や年齢確認のための血統書やワクチン証明書などが必要になってくることもあるので、事前に準備しておきましょう。